ルノー、新型2座オープンカー「ウインド」を発売

2011.07.06 自動車ニュース

ルノー、2シーターオープンカー「ウインド」を発売

ルノー・ジャポンは2011年7月6日、2シーターオープンカーの「ルノー・ウインド」を発売した。

ルノースポールが開発

ルノー・ウインドは「OPEN&PLAY」をコンセプトに掲げる「トゥインゴ」ベースの2シーターオープンカー。ミドシップカーを思わせるスポーティなプロポーションを採り、ハードトップを回転させながらキャビン後方に収納させるユニークなルーフを持つ。

開発はルノーのモータースポーツ部門であるルノースポールが行った。先日発売された「トゥインゴ ゴルディーニRS」と同じ134psの1.6リッターエンジンと5段MTを搭載し、これにウインド専用にチューニングされたシャシー、ステアリング、スポーツシートなどが組み合わされ、ルノースポールらしいスポーティなドライビングが堪能できるとうたわれる。

ルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)COOは、「ウインドは、エンジンもシャシーもブレーキも、ルノースポールの魂が込められたクルマ。走りをきちんと楽しめる製品に仕上がっている」と語り、「フレンチタッチ」「トレンディ」「スポーツ」という3つの要素を持つ商品を日本に導入する「FTS戦略」に沿ったものであると強調した。
左ハンドルだけの設定で、価格は255万円。ボディカラーは「ブルー マジョレルM」(青)、「ブラン グラシエ」(白)、「グリ アルティカM」(銀)、「ルージュ ディナM」(赤)の4色が設定される。

トゥインゴ ゴルディーニRS譲りの走り

エクステリアデザインは、延長されたフロントオーバーハング、傾斜の強いボンネット、腰高なウエストラインなどが印象的だ。ボディサイドの面質は躍動感があり、力強い。また“シュガースコップ”型のリアセクションが採用されており、一見ミドシップカーを思わせるユニークな造形が施されている。

ルーフはキャビン後端を軸にぐるりと180度回転してパネル下に収まる方式だ。かつてフェラーリの限定車「スーパーアメリカ」に採用された回転式ハードトップ「レヴォクロミコ」によく似た構造である。このタイプはラゲッジルームを侵食しない利点があり、ウインドでも270リッター(VDA方式)の容量がそのまま維持される。ルーフの単体重量は21.8kgと軽量で、開閉に要する時間が12秒と短いのも自慢だ。

車体にはルノースポールのバッジは見当たらない。しかし、開発はルノースポール テクノロジー社が行った。ルノースポールが開発し、ルノーブランドで売られる“アウトソーシング”プロジェクトの最初の例という。生産はスロベニアのノヴォ・メスト工場が担当する。

エンジンは「トゥインゴ ゴルディーニRS」の1.6リッター直4(134ps)で、これに組み合わされる5MTも同じもの。ギア比と最終減速比も変わらない。シャシーについてもスタビライザー(前22mm、後24mm径)やブレーキなど、共通の部品が多く見られるが、重量増加(トゥインゴ ゴルディーニRSの70kg増しに当たる1190kg)を補いつつ2シーターオープンらしいスポーティな走りを目指すために、スプリングとダンパーはウインド専用のセッティングになっているという。ちなみにステアリングギア比も、トゥインゴ ゴルディーニRSよりスローな設定とされた(15.9→16.5)。

ところで今回、発売を機に「ルノー・ウインド コレクション」という限定車が同時発売された。ブラックメタル調ハードトップ、クロムドアミラー、17インチホイール(標準車は16インチ)に加え、ヒーター付きブラックレザーシート、レッドクリアメーターフード、Bluetooth対応CD一体AM/FM電子チューナーラジオなどの専用装備が付く。限定数は30台。価格は268万円である。

(Clubpyme 竹下元太郎)

「ルノー・ウインド」
「ルノー・ウインド」 拡大
インテリアでは3連メーターやアルミのペダルがスポーティさを演出する。
インテリアでは3連メーターやアルミのペダルがスポーティさを演出する。 拡大
大振りなヘッドレスト一体型のスポーツシートが装着される。リアバルクヘッドがシートの背後に迫っており、タイトな室内はまるでミドシップカーのよう。
大振りなヘッドレスト一体型のスポーツシートが装着される。リアバルクヘッドがシートの背後に迫っており、タイトな室内はまるでミドシップカーのよう。 拡大
テールにはスポイラーが付く。リアのコンビランプはそれと同調するようにデザインされている。
テールにはスポイラーが付く。リアのコンビランプはそれと同調するようにデザインされている。 拡大
カタマリ感の強いエクステリアデザイン。ホイールサイズは16インチが標準。オプションで17インチも選べる。
カタマリ感の強いエクステリアデザイン。ホイールサイズは16インチが標準。オプションで17インチも選べる。 拡大
ルーフパネルはキャビン背後を軸にしてくるりと180度回転し、トランクパネル下に収納されるようになっている。開閉にかかる時間はそれぞれ12秒と短い。
ルーフパネルはキャビン背後を軸にしてくるりと180度回転し、トランクパネル下に収納されるようになっている。開閉にかかる時間はそれぞれ12秒と短い。 拡大
1.6リッター直4エンジンにはアルミ製インテークマニフォールドや直径61mmの大径スロットルボディが採用されているほか、各所にファインチューンが施されている。
1.6リッター直4エンジンにはアルミ製インテークマニフォールドや直径61mmの大径スロットルボディが採用されているほか、各所にファインチューンが施されている。 拡大
2人の乗員には十分すぎる広さを持つラゲッジスペース。タワーバーが装着されている。
2人の乗員には十分すぎる広さを持つラゲッジスペース。タワーバーが装着されている。 拡大
「ルノー・ウインド コレクション」
「ルノー・ウインド コレクション」 拡大

関連キーワード:
ウインド, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ウインド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタGRスープラ」の生産を手がける
    マグナ・シュタイヤーってどんな会社?
    2019.4.17 デイリーコラム 「トヨタGRスープラ」と「BMW Z4」の姉妹に加えて、「メルセデス・ベンツGクラス」などの生産を手がけているマグナ・シュタイヤー。ニッチなクルマの存在を支える、自社ブランドを持たない完成車メーカーについて紹介する。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • フォルクスワーゲンTクロス(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.4.2 試乗記 日本への導入がうわさされる、フォルクスワーゲンの都会派クロスオーバー「T-Cross(Tクロス)」。新たなコンパクトモデルはどんなクルマに仕上がっているのか? スペインはマヨルカ島で試乗した印象を報告する。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
ホームへ戻る