ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション

2017.04.07 画像・写真

あのJPSカラーをまとった「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場向けの限定車「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。

GPエディションのベースとなった「エヴォーラ スポーツ410」(日本未導入)は、「エヴォーラ400」の進化版として2016年2月にデビューした。3.5リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンの410hp(416ps)を発生し、車重はエヴォーラ400より60kg軽い1370kg(ライトウェイトオプションを選択するとさらに軽量な1320kg)に抑えられている。動力性能は0-60mph(約97km/h)が3.9秒、最高速は190mph(約306km/h)。

そんなエヴォーラ スポーツ410は年間の生産台数が150台に限られる希少性の高いモデルだが、エヴォーラ スポーツ410 GPエディションはさらに希少な存在で、アメリカ市場に向けて5台のみ生産される。車両価格は11万ドル(約1210万円)とのことだ。(Clubpyme)

c-hr 【PR】一番売れてるSUV。「トヨタC-HR」がマーケットから圧倒的な支持を受けている理由とは?
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.26 試乗記 より未来的なデザインや最新のユーザーインターフェイスを手に、華々しくデビューした新型「ポルシェ911」に、スペイン・バレンシアで試乗。最新の911は最良の911か? 長年繰り返されてきたこの問いを、新型にも投げかけてみた。
ホームへ戻る