「GLM G4」発表会の会場から

2017.04.18 画像・写真

京都に本社を置くベンチャー、GLMが、2019年に量産開始予定の電動スーパーカー「GLM G4」を日本初公開した。車体の前後に2基のモーターを搭載しており、最高出力は540ps(400kW)、最大トルクは1000Nmを発生。駆動方式は4WDで、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は250km/hとアナウンスされている。また、4座の車内空間と上方に開口する4枚のドア「アビームセイルドア」も同車の特徴となっている。想定価格は4000万円。日本に加え、欧州や香港、中東、中国でも販売が予定されている。(関連ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • スバル・フォレスター アドバンス/フォレスターX-BREAK【試乗記】 2018.9.14 試乗記 電動アシスト機構付きパワーユニット「e-BOXER」を搭載した「スバル・フォレスター アドバンス」がいよいよ発売された。比較試乗で浮き彫りになった2.5リッターガソリン車との違いと、従来モデルとは趣を異にする、フォレスターの“新しい一面”をリポートする。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」を改良し発売 2018.9.10 自動車ニュース スバルは2018年9月10日、「レガシィ アウトバック/B4」の改良モデルを発表した。同年10月4日に販売を開始する。全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良したほか、スバル60周年記念の「レガシィ アウトバックX-BREAK」を追加設定している。
  • 「アバルト595」のインフォテインメントシステムが最新版に 2018.9.8 自動車ニュース FCAジャパンは2018年9月8日、「アバルト595」シリーズを一部改良し、販売を開始した。インフォテインメントシステム「UConnect(ユーコネクト)」が「Apple CarPlay」および「Android Auto」に対応したほか、スクリーンサイズを拡大した。
ホームへ戻る