「GLM G4」発表会の会場から

2017.04.18 画像・写真

京都に本社を置くベンチャー、GLMが、2019年に量産開始予定の電動スーパーカー「GLM G4」を日本初公開した。車体の前後に2基のモーターを搭載しており、最高出力は540ps(400kW)、最大トルクは1000Nmを発生。駆動方式は4WDで、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は250km/hとアナウンスされている。また、4座の車内空間と上方に開口する4枚のドア「アビームセイルドア」も同車の特徴となっている。想定価格は4000万円。日本に加え、欧州や香港、中東、中国でも販売が予定されている。(関連ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • 「トヨタGRスープラ」の生産を手がける
    マグナ・シュタイヤーってどんな会社?
    2019.4.17 デイリーコラム 「トヨタGRスープラ」と「BMW Z4」の姉妹に加えて、「メルセデス・ベンツGクラス」などの生産を手がけているマグナ・シュタイヤー。ニッチなクルマの存在を支える、自社ブランドを持たない完成車メーカーについて紹介する。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
ホームへ戻る