スズキ・エスクード1.4ターボ

2017.07.26 画像・写真

スズキがコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」を追加。日本では今回が初導入となる1.4リッター直噴ターボエンジンは、最高出力136ps、最大トルク210Nmというパワフルさに加え、レギュラーガソリンに対応する経済性も持ち合わせている。また専用デザインのメッキグリルや赤いアクセントを聞かせたインテリアなど、1.6リッターモデルとは一線を画すスタイリングも特徴となっている。(写真=向後一宏)

◆関連ニュース:「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキが「エスクード」を一部改良、安全装備を大幅に強化 2018.12.3 自動車ニュース スズキが小型SUV「エスクード」を一部改良。内外装のデザインを変更したほか、運転支援システムに誤発進抑制機能、車線逸脱抑制機能、ふらつき警報機能などを追加した。アダプティブクルーズコントロールも、全車速対応型に改良されている。
  • スズキのコンパクトSUV「SX4 Sクロス」の安全装備が充実 2019.4.10 自動車ニュース スズキは2019年4月10日、コンパクトSUV「SX4 Sクロス」の仕様を一部変更し、同日に販売を開始した。衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどの安全装備が標準装着されている。
ホームへ戻る