ボルボグループの新ブランド「ポールスター」上海プレス会見の会場から

2017.10.18 画像・写真

ボルボ・カー・グループの新しい高性能車ブランド「ポールスター」は2017年10月17日、中国・上海で同ブランド最初のモデルとなる2ドアスポーツカー「ポールスター1」を発表した。2リッター直4の“T6”エンジンに2基の電動モーターを組み合わせたハイブリッド車で、最高出力600ps、最大トルク1000Nmというスペックがうたわれる。ポールスターは現在、中国・成都に新工場を建設しており、ポールスター1の生産はそこで2019年半ばに始まる予定。最大で年間500台生産するという。(写真=Clubpyme)

◆関連ニュース:ボルボ・グループの新ブランド「ポールスター」がスタート

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブモーターショー2018(その32) 2018.3.11 画像・写真 ボルボ・カー・グループの中で電動のハイパフォーマンスカーを扱う新しい独立ブランド「ポールスター」が独自にブースを設け、スポーツモデル「ポールスター1」を展示した。その姿を写真で紹介する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • 世界で一番売れてるスバル車なのに!?
    どこかパッとしない新型「フォレスター」
    2018.8.29 デイリーコラム 世界で一番売れているスバル車が新型に! という触れ込みで華々しくデビューした5代目「フォレスター」だが、ページの閲覧者数など、『Clubpyme』読者からの支持はいまひとつ……。読者の心をつかみ損ねた新型の、悩みの原因はどこにある?
ホームへ戻る