マクラーレン・セナ

2018.02.13 画像・写真

英マクラーレンは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で新型スポーツカー「セナ」を発表する。その姿を画像で紹介する。

セナは、マクラーレンの最上位に位置する“アルティメットシリーズ”に属する高性能スポーツカー。4リッターV8ツインターボエンジンは800psと800Nmを誇り、0-100km/h加速は2.8秒、最高速は340km/hという動力性能がうたわれている。“モノケージIII”と呼ばれるボディーの骨格はカーボンファイバー製で、軽量なのが自慢。車両重量は1198kg(乾燥重量)に抑えられている。また、車両後部には大型のウイングが装着されており、250km/h走行時にダウンフォースは800kgに達する。

英国サリー州にある同社の工場で、300時間をかけて手作業で組み立てられる。総生産台数500台。車両価格は67万5000ポンド(日本向けの税込み価格。邦貨で約1億0100万円)と高価だが、すでに完売という。(Clubpyme)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
ホームへ戻る