ジュネーブモーターショー2018(その5)

2018.03.08 画像・写真

2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。プジョーは新型「508」を披露したほか、新型小型MPVの「リフター」を発表した。同社のブースを写真で紹介する。(写真=Clubpyme取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 2018.2.22 画像・写真 仏プジョーは2018年2月22日、フラッグシップセダン「508」の新型を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • 【ジュネーブショー2018】アルピーヌA110に新バリエーションが登場 2018.3.12 自動車ニュース 新ラッシュに沸くジュネーブモーターショー2018(開催期間:2018年3月6日~18日)。プジョーとシトロエン、そしてルノーと、フランスメーカーの見どころを紹介する。プジョーのブースで一番目立っていたのは……?
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
ホームへ戻る