ジュネーブモーターショー2018(その7)

2018.03.08 画像・写真

ジャガーの話題は、同ブランド初のピュアEV「Iペース」がデビューしたこと。また「FタイプSVR」には、外装をユニークに彩るビジュアルパッケージ「グラフィックパック」が用意された。第88回ジュネーブ国際モーターショーにおけるジャガーのブースを写真で紹介する。(写真=Clubpyme取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ザ・ローリング・ストーンズ仕様の「ジャガーFタイプ」登場 2019.3.15 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年3月15日、TOC五反田メッセで開催中のイベント「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」(開催期間: 5月6日まで)に協賛し、同グループのトレードマークをラッピングした「ジャガーFタイプ」を展示すると発表した。
  • 第29回:アルファ・ロメオ・ステルヴィオ(後編) 2019.4.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 平均的なプレミアムSUVのスタイルに“アルファ・ロメオの顔”をくっつけただけ? アルファ初のSUV「ステルヴィオ」の意匠を通し、現役の自動車デザイナー明照寺彰が、グローバル化時代におけるカーデザインの難しさを語る。
  • 第566回:ブランドの差別化に電動化……
    「プジョーのいまとこれから」をトップに聞く
    2019.3.30 エディターから一言 プジョーのフラッグシップ「508」の日本上陸に合わせて、オートモビル・プジョーのCEOにしてグループPSA執行委員であるジャン=フィリップ・アンパラト氏が来日。新型508やプジョーブランドのこれからについて質問した。
  • 第129回:引きこもれ! 中年カーマニア 2019.3.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第129回は「引きこもれ! 中年カーマニア」。AMG製V8ツインターボエンジンを搭載した「アストンマーティンDB11」に試乗。ドイツ製パワーユニットVS“イタリアの秘宝”フェラーリエンジン、その対決の行方は!?
ホームへ戻る