ジュネーブモーターショー2018(その35)

2018.03.11 画像・写真

ブガッティのスーパースポーツカー「シロン」のバリエーションとして、さらにスポーティーな「シロン スポーツ」が登場した。その姿を写真で紹介する。(写真=Clubpyme取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ Rダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.3 試乗記 ジャガーのオープントップモデル「Fタイプ コンバーチブル」に、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルが登場。ダウンサイジング化したジャガーにピュアスポーツカーを駆るよろこびはあるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で吟味した。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • ブガッティ・シロン 2016.11.11 画像・写真 ブガッティ ジャパンが「ブガッティ・シロン」をお披露目した。搭載される8リッターW16気筒4ターボエンジンは、最高出力1500psと最大トルク163.2kgmを発生し、0-100km/h加速が2.5秒、最高速度は420km/hとアピールされる。このモンスターマシンの姿を写真で紹介する。
  • ブガッティ、最高出力1500psの「シロン」を日本に導入
    2016.11.11 自動車ニュース ブガッティが新モデルの「シロン」を日本で発表した。ほぼすべてのコンポーネントを新設計とした8リッターW16 4ターボエンジンが搭載されており、動力性能については0-100km/h加速が2.5秒未満、最高速が420km/hと公称されている。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
ホームへ戻る