大矢アキオのジュネーブモーターショー2018
最新コンセプトカーは半世紀前のに負けている!?

2018.03.16 画像・写真

ジュネーブショーは今年で88回目。華やかな新型攻勢で、プレスデーは十分ににぎわった。だが5つの主要ブランドが不参加となったこともあり、急きょ空きを埋めたようなスペースもところどころ見られた。

「ジュネーブでデビューを飾ったクルマたち」というコーナーも、そのひとつだった。新車を紹介するショーが“懐メロ”に頼るのは、決して健全な状態ではないとボクは思っている。それでも、並べられた往年のモデルの中には、思わず息をのむものが少なくなかった。代表的なのは、ここジュネーブで1967年にベルトーネが発表した「ランボルギーニ・マルツァル」である。マルチェッロ・ガンディーニによる前衛的なデザインは、半世紀以上前の作品とは思えない未来感を放っている。スイスの自動車年鑑『レビュー・オトモビル』のスタンドにあった1969年「ピニンファリーナ・シグマ グランプリ」とともに、一般公開日には今年のコンセプトカーと勘違いした来場者がいたに違いない。

一方、ある欧州ブランドのブースでのこと。自動運転を想定してステアリングホイールを廃したコンセプトカーの脇にいた担当者に「エアバッグは、どのように搭載するのか?」と聞いたら、「これは、2030年のコンセプトであることを理解してほしい」という返事しか戻ってこなかった。

前述のマルツァルが「快適な4ドアスーパースポーツ」というコンセプトを掲げていたとはいえ、当時の原始的なクーラーで、巨大グラスエリアに包まれた室内を常時快適温度に保てたとは想像し難い。シグマ グランプリも、「ドライバーが死の危険にさらされないフォーミュラカー」を目指したものの、実際どこまで有効なものかは証明されなかった。

とはいえ、半世紀たったいま見ても、両モデルからは作り手の志がひしひしと伝わってくる。今年のコンセプトカーは50年後、同様に人々の熱い視線を浴びているか? ボク自身は少々疑問に思っている。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

あなたにおすすめの記事
新着記事