「ルノー カングージャンボリー2018」の会場から

2018.05.15 画像・写真

2018年5月14日に、「ルノー・カングー」の世界最大のファンミーティングである「ルノー カングージャンボリー」が、山中湖交流プラザ「きらら」にて開催された。

今年で第10回を迎えた同イベントには、全国各地から1373台のカングーが集結。その他のルノー車とルノー以外の車両を含めた総来場台数は、1921台にものぼった。意外にもルノーユーザー以外の人も多く来場しているのが興味深いが、それだけ気軽に参加しやすいイベントということなのだろう。全体の参加者は2017年を上回る4317人となった。2018年の最大のトピックは、イベントの10周年に加え、カングー誕生20周年の記念すべき年であること。そのため、スペシャルゲストとして、ルノー本社よりカングー・プロジェクトを統括する最高責任者であるフィリップ・カイエットさんが来日。日本のカングーファンたちとの交流が行われた。

ステージでは、毎年恒例となっている特別仕様車の発表が行われ、今年は人気の限定車シリーズ「クルール」の最新作が発表された。また、アニバーサリーイヤーを記念した歴代カングーの展示やアーティストの安田レイさんによるミニライブなども実施された。例年同様に大いに盛り上がり、参加者それぞれが、カングーとともにのんびりと休日のひと時を楽しんだ、会場の様子をリポートする。(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.19 試乗記 レーシングドライバー谷口信輝が、100台限定販売の「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)カップ」に試乗。かつてカタログモデルを「メチャクチャいいですよ」と激賞した谷口は、6段MTとよりハードなサスを備えた辛口仕様をどうジャッジする!?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」に、辛口バージョン「カップ」が登場。日本ではわずか100人の幸せなファン(マニア!?)のみが楽しめるハードな乗り味を、発売に先駆けてテストした。
  • 選ぶならやっぱりMT仕様?
    “マニア車”「メガーヌR.S.」の販売事情
    2019.3.8 デイリーコラム 新型「ルノー・メガーヌR.S.」のデビューから半年。ようやくそのMT仕様が国内で発売される。しかも、よりマニアックな限定車「R.S.カップ」として! はたして既存のAT車よりも“買い”なのか? プレス向けの試乗会でチェックした。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
ホームへ戻る