「The Rally -Amazing Moment-」の会場から

2018.06.18 画像・写真

“ポルシェ”の名を冠した最初のスポーツカーである「ポルシェ356」が世に送り出されたのは、1948年6月のこと。あれから70年を迎えた今年、その系譜を受け継ぎ、ポルシェの象徴として最新モデルが送り出され続けている「911」を主役としたラリーイベント「The Rally -Amazing Moment-」が、2018年6月2日から3日の2日間にわたり開催された。このラリーイベントは、東京都心から長野県軽井沢町を目指す1日目の往路と軽井沢町から東京都心を目指す2日目の復路で構成される1泊2日のショートトリップだ。空冷から水冷まで含めた911全モデルが対象で、新旧合わせて約80台が参加した。多種多様な911によるラリーイベントのスタート地点となった東京・代官山T-SITEの模様を中心にお届けする。(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
ホームへ戻る