第517回:マクラーレンのキーマンが語る 新型車「600LT」の魅力とこれからの日本戦略』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • 新型「レンジローバー イヴォーク」、11月22日に世界初公開 2018.11.15 自動車ニュース 英ランドローバーが、2018年11月22日の新型「レンジローバー イヴォーク」の世界初公開に合わせ、ロンドンにインスタレーションアートを展示した。新型イヴォークのデザインチームが製作を手がけたもので、ワイヤーによって同車のスタイリングが表現されている。
  • 麗しのタクシードライバー ロールス・ロイス・カリナンに触れる 2018.11.15 ロールス・ロイス・カリナンが魅せる新世界<PR> ラグジュアリーカーの正規販売を手がけるコーンズが、「カリナン」をはじめとしたロールス・ロイス車の一般向け試乗会を開催。イベントを取材したタレント&タクシードライバーの生田佳那さんは、このブランドに何を感じたのか? 英国の老舗の“今”をリポートする。
  • ベントレー・ミュルザンヌ スピード(FR/8AT)【試乗記】 2018.11.15 試乗記 誰もが巨大だと思うサイズのボディーに最高出力537psの6.75リッターV8を搭載した、ベントレーの最高峰モデル「ミュルザンヌ スピード」。ボディーサイズにかかわらずドライバーズカーを標榜(ひょうぼう)する、ベントレー独自の世界観を公道で味わった。
ホームへ戻る