パリモーターショー2018(フェラーリ/ランボルギーニ)

2018.10.04 画像・写真

イタリアのスーパーカーメーカーであるフェラーリとランボルギーニは、パリモーターショー2018において、往年の名車を思わせるスペシャルモデルを公開した。各ブランドの出展車両を写真で紹介する。(写真=Clubpyme取材チーム)

◆関連ニュース:フェラーリ、往年のレーシングカーを思わせる「モンツァSP1/SP2」を発表
◆関連ニュース:ランボルギーニ、動力性能を追求した「アヴェンタドールSVJ」を発表

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • 【LAショー2018】ポルシェが8代目となる新型「911」を世界初公開 2018.11.28 自動車ニュース ポルシェが8代目となる新型「911」を発表。450psのエンジンを搭載した「カレラS/カレラ4S」では、先代より0-100km/h加速タイムが0.4秒短縮されるなど、動力性能が大幅にアップ。デジタル化が進められたインテリアや充実した運転支援システムも特徴となっている。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
ホームへ戻る