日産GT-R50 by Italdesign

2018.10.15 画像・写真

日産自動車は2018年10月15日から11月25日まで、東京・銀座にある同社のブランド発進拠点NISSAN CROSSINGにおいて、イタルデザインと共同開発したプロトタイプ車「日産GT-R50 by Italdesign」を展示する。

日産GT-R50 by Italdesignは、「日産GT-R」が2019年に、イタルデザインが2018年にそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作されたもの。「GT-R NISMO」をベースに、開発と設計、製造はイタルデザインが、内外装のデザインは日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。

走行パフォーマンスも強化されており、フロントに搭載される3.8リッターV6ツインターボエンジンは、ベースモデルから120psと128Nm上乗せされた最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生。新たなデザインをまとうことによって空力性能も強化されているという。

市販モデルでは限定生産台数50台、価格は90万ユーロ(約1億1700万円)以上になるという日伊合作のスーパーカーを写真で紹介する。(写真=Clubpyme)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • 日産が「GT-R50 by Italdesign」の受注を開始 2018.12.7 自動車ニュース 日産自動車は2018年12月7日、「日産GT-R50 by Italdesign」の市販モデルのデザインを公開し、あわせて同車の受注を開始した。生産台数はすでに発表されているように50台の限定となり、2019年から2020年にかけて納車を行うという。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
ホームへ戻る