ランボルギーニの音楽イベント「Lamborghini Night」の会場から

2018.10.25 画像・写真

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは2018年10月23日、東京・渋谷のhotel koē tokyoで「Lamborghini Night」を初開催した。このイベントは、ランボルギーニがスーパーSUVと呼ぶ最新モデル「ウルス」のデリバリーが、いよいよ日本でも始まったことを記念して行われた。

会場にはウルスと「ウラカン ペルフォルマン テスパイダー」の2台を展示。イベントは、ランボルギーニオーナーとメディアのみを招待した1部のクローズドイベントと、一般参加のオープンイベントという2部制で行われた。

同日夜8時にスタートした1部イベントでは、シークレットゲストとして歌手の平原綾香が登場。一夜限りのLamborghini Nightスペシャルライブを行い、歌声を披露した。また、第2部のオープンイベントではhotel koē tokyoプロデュースによる、豪華な顔ぶれのDJたちがそろい、会場を盛り上げる独特のパフォーマンスでランボルギーニと音楽の融合を印象付けた。

(Clubpyme)

スズキ・スペーシア ギア スズキ・スペーシア ギア
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
ホームへ戻る