ルックスはまさにドラッグレーサー

この夏、ハーレーダビッドソンの周辺がかなりザワついた。“ストリートファイター”と呼ばれるヨーロッパ由来のヤンチャ系や、オフロード走行も可能にするアドベンチャー系、さらには電動モデルや小排気量モデル……と、今まで考えられなかったカテゴリーに進出することが示唆されたからである。

これらは2022年頃までのデビューが予定される世界戦略モデルだが、事前にアナウンスされたのはハーレーダビッドソンの伝統的なファンが卒倒しては困る、という配慮なのかもしれない。

実はそうした配慮がすでにカタチになっているモデルもある。伝統と革新の橋渡し的な役割が与えられているのが、このFXDR 114である。

パッと見のシルエットは、ロー&ロングなハーレーダビッドソンのそれだ。そういう意味ではサプライズはないものの、実は既存のどのモデルよりも低く、長い。特に1735mmのホイールベースは、巨体な「ロードキング」や「ロードグライド」よりもさらに110~115mmも長く、フロントフォークが地面に対して大きく寝ていることが分かる。

また、幅240mmの超ファットなリアタイヤに対し、フロントには小ぶりのビキニカウルやセパレートハンドルを装着してスリムさを強調。そこにエレメントむき出しのエアクリーナーボックスや大胆にチョップされたシートなどが加えられ、そこかしこにアグレッシブなドラッグレーサーのテイストが盛り込まれている。要するに、“直線上等”の装備とディメンションと言ってもいい。

コーナリングも意外に得意

ところが、意外と言ってはなんだがコーナリングは悪くない。回転半径は小さい部類ではないが、旋回性そのものはニュートラルで、想定より大回りしそうになって「オットット」という場面は試乗中なかった。とはいえ、車体に身を委ねて漫然と乗っていればOKというほどイージーではないのがポイントだ。

例えば、ブレーキングでフロントに荷重が移動したら、それを逃がさないように上半身を軽く前傾させ、さらに腰をイン側に向けてコーナーへ入っていくと本来の旋回力を引き出せるように味付けされている。そういうスポーツライディングの基本を決してせかさない、ゆっくりとしたリズムで教えてくれるのである。

ただし、それを実践するには成人男性の平均的な体格があることが望ましい。手も足も車体前部に投げ出すようなライディングポジションのため、あまり小柄だと踏ん張りが効かず、体の自由度も少なくならざるを得ないからだ。

そこさえクリアできれば、あとはそのエンジンを存分に楽しむことができる。FXDR 114には、「ミルウォーキーエイト114」と呼ばれる1868ccのVツインユニットが搭載されており、これが実に心地いい。

これからのハーレーを示唆するモデル

2000rpm以下の低回転では、ハーレーダビッドソンらしい鼓動感とスムーズさを両立。フレキシビリティーのかたまりと言ってもよく、ストップ&ゴーを頻繁に繰り返すスローな街中でもなんのストレスもなく扱うことができる。

その一方、3500rpmを超えたあたりからはスロットルレスポンスが一気に鋭さを増し、いつでもどこでも力強いダッシュを披露。リジッドマウントゆえ爆発のひとつひとつが明確に伝わり、「ダダダダッ」とリアタイヤが路面を蹴り出すさまは「これぞトラクション!」と言いたくなるお手本のようなフィーリングだ。低回転から高回転まで表情を刻々と変えながらも、そのいずれにおいても自身でパワーとトルクをコントロールしている高い一体感があった。

ハーレーダビッドソンと聞いて多くの人がイメージする、悠々とした安楽成分はFXDR 114には少ない。そのハンドリングは、積極的にフィジカルを使うことを求める、若々しいライダーに応えてくれるもので、数年以内に登場するストリートファイターやアドベンチャーモデルは、よりその傾向が強まるに違いない。そうした意味で、これまでのハーレーダビッドソンとこれからのハーレーダビッドソンをつないでくれる存在なのだ。

ドラッグレーサーのみならず、カフェレーサーやフラットトラックレーサーの要素も兼ね備えたハイブリッドなアメリカンスポーツ。FXDR 114はその入り口に立つ新時代のモデルである。

(文=伊丹孝裕/写真=ハーレーダビッドソンジャパン/編集=堀田剛資)

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2425×925×1085mm
ホイールベース:1735mm
シート高:720mm
重量:303kg
エンジン:1868cc 空冷4ストロークV型2気筒OHV 4バルブ
最高出力:--ps(--kW)/--rpm
最大トルク:160Nm(16.3kgm)/3500rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:286万2000円

すべての画像・写真を見る