「第60回 SHCC大磯ミーティング」の会場から

2018.11.02 画像・写真

2018年10月28日、神奈川県大磯町の大磯ロングビーチで、湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)主催の「第60回 SHCC大磯ミーティング」が開かれた。このミーティングは駐車場内の特設コースで行われるタイムトライアル(ジムカーナ)を中心とするもので、初夏と晩秋(今回は通常より1カ月前倒し)に年2回開催されている。1980年代後半に始まった歴史あるイベントだが、今回は記念すべき60回大会ということで、通常の100台前後に対して120台以上が出走した。出場資格は1969年までに生産された車両およびレプリカを含む同型車、そして主催者が認めた車両で、排気量やチューニングの度合いなどによって9つのクラスに分けられる。常連のエントラントも少なくなく、各クラスともハイレベルな戦いが繰り広げられた。加えて今回は、カロッツェリア・ザガートが手がけたモデルの愛好家による「クラブ ザガート ジャポネ」のミーティングも共催され、20台のザガート車も集合。さらに27日、28日に開催された初代「ロータス・エリート」のミーティングの参加車両もツーリングの道中で立ち寄り、会場に並んだ。クラシックカーファンにはたまらない、豪華なラインナップがそろった会場から、ジムカーナの出走車両を中心に紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)
 

あなたにおすすめの記事
新着記事