「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から

2018.11.13 画像・写真

毎年恒例となっている、ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。

いつもはホンダの新型乗用車が並んでいる屋外展示スペースには、所狭しとたくさんのカブの姿が。これはすべて参加者たちが自宅から乗り付けたものだ。最も遠い人は、九州の宮崎から自走してきたというから驚く。2018年は、初代モデル「スーパーカブC100」の誕生60周年にあたるだけに、参加者たちの盛り上がり方も熱く、愛車に60周年を祝うデコレーションを施している車両も多数見かけた。300台以上のカブが集まった、初日の様子をお届けする。

(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • ホンダ・スーパーカブC125(MR/4MT)【レビュー】 2018.12.10 試乗記 これまで1億台が生産された“小さな巨人”「ホンダ・スーパーカブ」。その誕生60周年の節目にデビューした「スーパーカブC125」とはどんなオートバイなのか? ホンダのこだわりがつまった小排気量車の魅力に触れた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • 第584回:旧型の人気も急上昇中!
    ヨーロッパで「トヨタ・ランドクルーザー」が愛される理由
    2018.12.14 マッキナ あらモーダ! 日本と同様ヨーロッパでも、新車だけでなくクラシカルなモデルにも注目が集まる「トヨタ・ランドクルーザー」。その人気の源泉はどこにあるのだろうか。大矢アキオが考察する。
ホームへ戻る