「Lamborghini Year-End Party」の会場から

2018.12.14 画像・写真

ランボルギーニ・ジャパンは2018年12月12日、東京・虎ノ門のTHE CORE KITCHEN/SPACEにおいて2018年を締めくくる「Lamborghini Year-End Party」を開催した。

会場にはクリスマスシーズンを彩る“ランボルギーニ・オリジナルクリスマスツリー”が飾られ、ランボルギーニがスーパーSUVと呼ぶ「ウルス」のほか、「アヴェンタドールSVJ」「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」という2018年に日本導入された3モデルが展示されていた。

パーティーにはランボルギーニオーナーをはじめ、300人を超える関係者が参加。アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパン・ダーツグランプリや一夜限りのジャズのライブ演奏が行われたスペシャルイベントになった。

◆関連記事:

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • 第118回:対決はタイムマシンに乗って 2019.1.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第118回は「対決はタイムマシンに乗って」。初代「NSX」にR32「GT-R」、ポルシェやフェラーリなどを所有してきたカーマニアは、世界の名車と対峙し、何を思う!? デビューから30周年を迎えるR32 GT-R、その愛されるワケに迫る。
  • ボルボXC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.4 試乗記 強化した足まわりや専用の内外装で独自性を表現している、ボルボのスポーティーグレード「R-DESIGN」。2017-2018のイヤーカーに輝いた人気の「XC60」にあって、遅れて販売が開始された「T6 AWD R-DESIGN」を実際に走らせ、そのレシピと味付けを確かめてみた。
ホームへ戻る