「Honda Racing THANKS DAY 2018」の会場から

2018.12.14 画像・写真

ホンダのモータースポーツ活動を応援してくれたファンに感謝の気持ちを示す、年末の恒例イベント「Honda Racing THANKS DAY」が、今年も栃木県芳賀郡茂木町にあるサーキット、ツインリングもてぎで開催された。

今年のホンダモータースポーツ活動では、山本尚貴選手がスーパーフォーミュラとSUPER GTの2冠に輝き、二輪でもFIM(世界耐久選手権)で、「F.C.C. TSR Honda France」が、日本チーム初のチャンピオンとなるなど、うれしいニュースが重なった。それだけにファンの気持ちの高ぶりも大きかったようで、早朝から多くのファンが来場。その総数は、2万4500人にものぼった。

そんな祝福ムードに包まれたイベントであったが、ホンダモータースポーツファンにとって、どうしても外せない重要なイベントを含んでいた。それは今期限りでの引退を表明した二輪ロードレースの大スター、ダニ・ペドロサ選手の引退式である。イベント終盤に行われたセレモニーでは、ペドロサ選手が思い出のレーシングマシンでのラストランを行い、ファンに現役最後の雄姿を披露。スタンドからは、その栄光をたたえる大きな拍手が送られた。ファンにとって絶対忘れることのできない2018年シーズンを締めくった、イベントの模様をお伝えしよう。(文と写真=大音安弘)
 

c-hr 【PR】一番売れてるSUV。「トヨタC-HR」がマーケットから圧倒的な支持を受けている理由とは?
あなたにおすすめの記事
新着記事