新型「トライアンフ・スクランブラー」日本上陸』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トライアンフ・スピードツイン」発表会の会場から 2019.2.14 画像・写真 クラシカルなスタイリングにスポーティーなイメージをプラス。パワフルな1.2リッターパラレルツインエンジンを搭載した、トライアンフの新たな二輪モデル「スピードツイン」の詳細な姿を、発表会の様子とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • トライアンフ・ストリートスクランブラー(MR/5MT)【レビュー】 2019.2.16 試乗記 堅牢なオフロードスタイルとファッション性、そして多用途性を併せ持つ、トライアンフのネオクラシック「ストリートスクランブラー」。またがってむちを当てるや、ライダーは気軽にどこでも行きたくなる自由な気分に満たされるのだった。
  • ヤマハ・ツーリングセロー(MR/5MT)【レビュー】 2019.2.23 試乗記 1年のブランクを経て、最新の排出ガス規制に対応して復活したヤマハのオフロードバイク「セロー250」に、新たにアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW(ツーリングセロー)」が設定された。機能性の向上とワイルドなデザインを同時に満たす“和製アドベンチャー”の走りに触れた。
  • トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場 2019.2.13 自動車ニュース トライアンフから新型の大型二輪モデル「スピードツイン」が登場。クラシカルな「ボンネビル」シリーズの最新モデルにあたり、専用設計のシャシーに高出力版の1.2リッター並列2気筒エンジンを搭載した、スポーティーな走りを特徴としている。
ホームへ戻る